上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングクリックお願いします。
d_04.gif
ninkiblog


今日は、我が家で使用しているドライフードを紹介です。

ペットショップやホームセンターでは売っていません。
尿道結石や膀胱炎の予防に最適なドライフードです。
ロビン君が入院した際に病院で出されたものですが、
ねこだまりはいつもインターネットで購入しています。





他の子たちにはアイムスもいいんだけどね~。
スポンサーサイト
ランキングクリックお願いします。
d_04.gif
ninkiblog


【2011/01/21 00:11】 | ねこ、猫、neko、CAT、cat
トラックバック(0) |

はなパパ様
ねこだまり
コメントありがとうございます。
捨て猫、野良猫のことになると、
どう考えていいのか、わからなくなる、
迷いの多いねこだまりです。

猫に「野生」は存在しません。
外にいる猫はすべて人間の勝手で外でつらい思いをしている猫たちです。

でも、野良猫、捨て猫という存在がどうしてもいるのなら、
周りの人たちが、その猫たちに素直に親切にして上げたらいい、と思っています。

でも、はなパパさんのような親切な人を
無責任だとか勝手だという酷い人間がいるのも事実です。。

その発想は人間中心の考え方からくるものなんですよね。
野良猫は人間に邪魔だとか。
たまたまの親切は猫にとって却って酷だとか。
そんな考え方、猫は知りません。
猫は、おなかが空いたり、調子が悪い時に、
親切にしてもらうことを喜んでるに違いないのです。

野良猫、捨て猫のことを考えると、
日本や近代社会がいやになります。

はなパパさんの会社裏の猫ちゃんは、幸せですね~。


今晩は。猫ちゃんのことです。
はなパパ
ここでの話題となると、やはり猫話になりますね。悲しい話になりますが。私の職場は、市内でもはずれの、かもめ大橋を渡った所で、周りには鉄関連会社か冷蔵倉庫群あるだけです。そんな人も住まない地域なのに、毎年、8頭ぐらい猫が捨てられています。おなかの空いた猫にとって唯一、美味しそうな匂いがする所が私の会社だけなので、吸い寄せられるように、やって来て、廃棄物の中の魚のアラなどで命を繋ごうとします。見つかると追い払われるので、飢えと恐怖心で、その顔は、険しくなっていきます。  昨年の11月、見慣れぬ猫がまた来ました。その猫は、何故か、のんびりとした感じで人を見ているので、まだ捨てられて日が経っていないからかと思っていたのですが、どうも、そうではなく性格が、おっとりしているみたいなんです。気になる猫だなぁと思っていたら、ある日、建物の裏側の植え込み(仕事の関係で機械をチェックするため、私はウロウロしていますが、他の人は殆ど来ない場所です)で嘔吐して、弱っているその猫を発見。変な物を食べたからと思い、新鮮なハマチのアラを水産から失敬してきて、あげたのが始まりで、今はキャットドライフードを、あげています。当初は一定の距離を保っていたのが、まるで、お礼を言っているかのような声で鳴くようになり、最近は間近まで接近できるようにまでなったのですが、この程度しかできない無責任な、ネコおじさんは悩みながら、明日も給餌しています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はなパパ様
コメントありがとうございます。
捨て猫、野良猫のことになると、
どう考えていいのか、わからなくなる、
迷いの多いねこだまりです。

猫に「野生」は存在しません。
外にいる猫はすべて人間の勝手で外でつらい思いをしている猫たちです。

でも、野良猫、捨て猫という存在がどうしてもいるのなら、
周りの人たちが、その猫たちに素直に親切にして上げたらいい、と思っています。

でも、はなパパさんのような親切な人を
無責任だとか勝手だという酷い人間がいるのも事実です。。

その発想は人間中心の考え方からくるものなんですよね。
野良猫は人間に邪魔だとか。
たまたまの親切は猫にとって却って酷だとか。
そんな考え方、猫は知りません。
猫は、おなかが空いたり、調子が悪い時に、
親切にしてもらうことを喜んでるに違いないのです。

野良猫、捨て猫のことを考えると、
日本や近代社会がいやになります。

はなパパさんの会社裏の猫ちゃんは、幸せですね~。
2011/01/27(Thu) 12:52 | URL  | ねこだまり #-[ 編集]
今晩は。猫ちゃんのことです。
ここでの話題となると、やはり猫話になりますね。悲しい話になりますが。私の職場は、市内でもはずれの、かもめ大橋を渡った所で、周りには鉄関連会社か冷蔵倉庫群あるだけです。そんな人も住まない地域なのに、毎年、8頭ぐらい猫が捨てられています。おなかの空いた猫にとって唯一、美味しそうな匂いがする所が私の会社だけなので、吸い寄せられるように、やって来て、廃棄物の中の魚のアラなどで命を繋ごうとします。見つかると追い払われるので、飢えと恐怖心で、その顔は、険しくなっていきます。  昨年の11月、見慣れぬ猫がまた来ました。その猫は、何故か、のんびりとした感じで人を見ているので、まだ捨てられて日が経っていないからかと思っていたのですが、どうも、そうではなく性格が、おっとりしているみたいなんです。気になる猫だなぁと思っていたら、ある日、建物の裏側の植え込み(仕事の関係で機械をチェックするため、私はウロウロしていますが、他の人は殆ど来ない場所です)で嘔吐して、弱っているその猫を発見。変な物を食べたからと思い、新鮮なハマチのアラを水産から失敬してきて、あげたのが始まりで、今はキャットドライフードを、あげています。当初は一定の距離を保っていたのが、まるで、お礼を言っているかのような声で鳴くようになり、最近は間近まで接近できるようにまでなったのですが、この程度しかできない無責任な、ネコおじさんは悩みながら、明日も給餌しています。
2011/01/22(Sat) 21:38 | URL  | はなパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。