上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングクリックお願いします。
d_04.gif
ninkiblog


ねこだまりです。昨日、とある年配の女性とお話ししていて、
生命保険の話になりました。
「子供達に迷惑かけないように、せめて保険くらいはかけといてやらんとなぁ」
彼女は言うのです。
彼女の娘、息子さんは、子供達と言っても
もう就職して自立している方たちです。
旦那さんを亡くされて心細くなっていたのでしょう。
「うちの人の葬式でもやっぱり200万くらいはかかったからなぁ」
「家族葬がいいわ。あんな親戚来て欲しくもないし。」
前から旦那さんがたの親戚の愚痴もお聞きしていましたし、
ふぅんと言った気持ちで聞いていたのです。

帰ってきて、ふと家族葬
って何やろ?と思って調べてみました。
「お金をあまりかけずにこじんまりとお葬式をしたい人や、義理や付き合いの葬式が嫌な人が、家族や親しい知人のみで行う葬式」
というところでしょうか?

両親のお葬式でも感じていた感覚を思い出しました。
お葬式の忙しさがすごく気にかかったのです。
遺族はあれこれ忙しくて悲しんでいる隙もない程でした。
「お葬式なんてどうでもいいから、パパ(ママ)とずっといたい。
ただ泣いていたい。しんどい」
心のどこかで私はずっと考えていました。
そんな経験から、先日の従姉のお葬式でも、
もっと遺族の人たちをそっとしておいてあげたい。
ずっと、そんな風に考えていました。

それが実現するのが家族葬なのでしょう。

結果的に見ると、両親や従姉妹のお葬式は盛大な形で正しかったんだと思います。
母や父、従姉妹を本当に愛して、死を悼む大勢の人が集まり
義理でも付き合いでもなく、涙を流したお葬式だったと思うからです。

でも、本人が身内だけに見送られる家族葬を望んでいるなら、「遺族の」でなく「本人の」希望がそうであるなら、義理や付き合いを廃して家族葬を行うのがいいでしょうね。

私は、もし私が、愛猫たちを遺して先に死んでしまうことがあるなら、
お通夜の晩は、ぜひ猫も一緒にいられる場所にいさせてほしいです。

ちょっと重たいお話になってしまいましたが、
「お葬式」って誰が最初にはじめた儀式なんでしょうね?

ランキングクリックお願いします。
d_04.gif
ninkiblog



ねこだまりは以下の「ひとり暮らしの人」をインテリア提案雑誌の取材対象として探しています。
コメントで応募してくださいね。
●現在実家に住んでいて、ひとり暮らしをはじめてする人(応援金として10万円プレゼント!)●「ミニキッチン」に工夫をしているひとり暮らしの人
(インテリアだけでなく、料理のしやすさなどにも工夫をしている人がベター)
●ユニットバスを徹底使いこなしているひとり暮らしの人
●ベランダで野菜を育てているひとり暮らしの人


スポンサーサイト
ランキングクリックお願いします。
d_04.gif
ninkiblog


【2006/11/21 02:06】 | ねこ、猫、neko、CAT、cat
トラックバック(0) |

そうですね。。。
ぐっすりさん
私の主人の父は本人の希望で家族だけの式でした。主人と私と主人の姉とそのおこさんと姉の婚約者の6人でした。式といっても一晩一緒に過ごし翌日旅立つのを送るだけでした。周りの人に知らせるのも生前に父が書き残していた人だけに限定していました。「本当にいいの?」と聞いたのですが「親父が望んだようにしてやりたい。」という事でした。「お父さんはとても気を使う人だったので、自分のことで人にわずらわしい思いをさせたくないと思っているはずだから。」だそうです。すごい人だと思いました。。。

ひろりんりん さま♪
ねこだまり
本当に法事関係って飛ぶようにお金がなくなってしまうみたいですね。
家族葬っていろんな面でいいところありますね。


おばあちゃんのお葬式
ひろりんりん
ねこだまりさん、こんばんわ!
4月におばあちゃんのお葬式があったんですが、質素に簡素にと思ってましたが、かるーく100万は超えました。豪華絢爛なとこなんてひとつもないのに、何のお値段がはるのでしょう。
それプラス、四十九日、納骨、初盆なんかをこなしていくと本当に結構な金額になりました。
おばあちゃんは地元を離れて長いこと老人ホームに入っていたのでご近所さんなんて誰ひとり来られませんでした。家族葬をしたわけじゃないのにまさに家族葬になりました。
「家族葬」は市内を走ってる赤バスの後ろに宣伝がしてありますね。友達とそれを見ながら「あれで十分だよね~」と話してます。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そうですね。。。
私の主人の父は本人の希望で家族だけの式でした。主人と私と主人の姉とそのおこさんと姉の婚約者の6人でした。式といっても一晩一緒に過ごし翌日旅立つのを送るだけでした。周りの人に知らせるのも生前に父が書き残していた人だけに限定していました。「本当にいいの?」と聞いたのですが「親父が望んだようにしてやりたい。」という事でした。「お父さんはとても気を使う人だったので、自分のことで人にわずらわしい思いをさせたくないと思っているはずだから。」だそうです。すごい人だと思いました。。。
2006/11/22(Wed) 21:51 | URL  | ぐっすりさん #-[ 編集]
ひろりんりん さま♪
本当に法事関係って飛ぶようにお金がなくなってしまうみたいですね。
家族葬っていろんな面でいいところありますね。
2006/11/22(Wed) 00:27 | URL  | ねこだまり #-[ 編集]
おばあちゃんのお葬式
ねこだまりさん、こんばんわ!
4月におばあちゃんのお葬式があったんですが、質素に簡素にと思ってましたが、かるーく100万は超えました。豪華絢爛なとこなんてひとつもないのに、何のお値段がはるのでしょう。
それプラス、四十九日、納骨、初盆なんかをこなしていくと本当に結構な金額になりました。
おばあちゃんは地元を離れて長いこと老人ホームに入っていたのでご近所さんなんて誰ひとり来られませんでした。家族葬をしたわけじゃないのにまさに家族葬になりました。
「家族葬」は市内を走ってる赤バスの後ろに宣伝がしてありますね。友達とそれを見ながら「あれで十分だよね~」と話してます。

2006/11/21(Tue) 21:10 | URL  | ひろりんりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。